2006年10月01日

ピタゴラスイッチ

海外サイトで興味のある事柄を見つけるのも楽しいんですけど、おそらく多くの人がそうしているように、ご多分に漏れず国内の音楽ネタはCD Journalで拾うことも多いこのごろ。

CD Journalのメジャー/マイナー・洋邦・硬軟・コネタ・マニアネタ関わらず取り上げてくれるところが、堪らなくツボを突いてくれます。ここ1週間ばかり見ていなかった中では、PJ Harvey他のPeel SessionのCD化とか、ラッシュ(Rush)がクラッシュ(Clash)をカバーとか、英インディーズコンピ発売とか、安藤裕子が"君は1000%"をカバーとか(笑)、音楽ネタでも気になったのはあったんですが、今回特にそそられたのは、NHKの番組ピタゴラスイッチ"ピタゴラ装置"DVD化の記事

pitagoras.jpgYouTubeなんか見てると"よっく"解るんですが、これはある種感動モノ。物語性すらそこに感じられるような、小宇宙的世界です。

まぁネット上ではとっくに話題になっていて(あっちこっちや)、ピタゴラ装置に限らず根強いファンの付いている番組です。

DVD化にあたっては解説本を見ながら映像で確認できるというスグレモノになっているので、これは買って損はないと思っています。監修の佐藤雅彦教授の「いったいどんな脳みそしてんだ?」という頭の中まで覗ける気がして、今から楽しみです。

佐藤教授は過去、メディアプランナーとしてだんご三兄弟バザールでござ〜るポリンキードンタコスとヒットキャラクターを次々と生み出してきた人なので、そういう意味でもこのDVDでそんな彼の才能の秘密が一つ解るかも知れません。

でも最近NHKはこういうほのぼのとしてながらも、強烈に印象に残るようなキャラとか番組を送り出すのが上手くなりましたねー。おでんくん然り、ドーモ君然り、その他のキャラや番組にも子供から大人までファンがゴマンと居ますから。まぁ小さい頃から慣れ親しんでる部分もあるにはありますが、それだけじゃないですし。

最後はピタゴラスイッチから脱力気味なところが好きな、アルゴリズム体操&アルゴリズム行進。どーでもいいけど、いつもここからって今ひとつブレイクしないね。結構好きな芸人なんやけど。


posted by haro at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。