2010年02月15日

ロックとは何ぞや:その1

ふと、ロックと正面切って相対するようになったのは、いつの頃だったろうか、と。

親に「いつからあんたそんなに音楽好きになったんや?」と訊かれるようになってからでも、かなりの年月が経つ気がします。

ロックの恩恵を全身に浴びた気になっているのに、まだ止められないんですが。まぁ病気の一種です。

それこそ幼少期の80'S全盛の頃は、意識をしなくても洋楽が一番カッコいいものだと巷が騒いでましたし、そんな時代でした。

CMでは曲だけでなくアーティスト自身が出演&日本の商品を宣伝し、ベストヒットUSAやSony Music TVなんかの地上波の洋楽番組があり、誰もが洋楽のアーティストの名前の一つや二つは言えたと思います。

そんなナツカシ系CMから、おいくつか。

Madness / City(ホンダ)


Curiosity Killed The Cat / UD-T(マクセル)


Bryan Ferry / Super HG & Super AG(富士フィルム)


Sting / Kirin Can Beer(キリンビール)


Duran Duran / Suntory Whiskey Q(サントリー)

とまあ、自動車から飲料メーカーまで色んなところで目にしてました。

最後のDuran Duranが一番有名かなぁ。90年代には「リンゴ・すったー」なんてのもありました…。

他にもマドンナやシーナ・イーストンやシンディ・ローパーやスティーヴィー・ワンダー…と、当時ポップスター?と呼ばれた方々もいましたが、今回はバンドおよび元バンド系(しかもUKの面々)だけ紹介。

ただしその当時はCMで目にすることはあっても、熱狂的な洋楽リスナーではなかったので、ロックを意識することになるのはもっともっと後でした。

続きは次回で。
ラベル:音楽業界 YouTube
posted by haro at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。