2010年02月13日

Black Lips ライブ @ 名古屋 タイト・ロープ

いやー久しぶりのライブは、まさに“スッキリ”な感覚でした。
行って来ましたBlack Lipsのライブ!

というのも、ココのところライブ自体遠ざかってしまってた事もあるものの…… 月曜日のDaniel Johnston @ 心斎橋 クラブ・クワトロの悪夢!!

悪天候の為に飛行機&本人着かん、ってどうゆうこっちゃー、と。この日をどれほど待ったことか(トホホ)。

クワトロのある心斎橋パルコの前にきて、呆然と立ち尽くす人多数…

横目で眺めながらも、人のこと心配してる余裕なんてない。この為に会社休んだ俺はどうなる....ってどうにもならん。

振替公演が水曜日、って絶対行かれへん = “払い戻し”の選択肢しか残ってなかったわけで。

次の日の東京公演が調子良かったっぽいので、さらに悔しさ倍増!!!


と思っていたところ、Black Lipsの「これぞ、まさにライブ」なノリのお陰でかなり救われました。

ホント、アメリカの悪ガキどもが、ガレージから飛び出してきたかの如きライブ。

とは言え、演奏はかなりしっかりしている感はあって、正確なビートを刻むドラム・Joe Bradleyは中々やるな、と。

4人のメンバー全員がボーカルを取って(と言うかガナリ気味ではあるものの)、しかもメインボーカル・Jared Swilleyポール・マッカートニーが如きバイオリンベースをブイブイ弾きまくり、叫びまくる。バイオリンベース独特のデッドな音色は微塵も無く、ひたすらパワフルな音を聴かせてくれました。

演奏してる彼らが楽しんでる様子が、ビシバシと伝わってくるような波動。

ライブ中、一番盛り上がったのは、やはり映画『(500)日のサマー』サウンドトラック曲“Bad Kids”だったかなーと(サントラはコチラで試聴可)。



BlackLipsLivePhoto.jpg

<かなりピンボケてますが、クラウドサーフ中のVo.Jared@ タイトロープ>

ブレイク前のバンドが持つ熱量の高さを感じさせてくれて、非常ーに気持ちの良いライブでした。今年完成する、と噂されるアルバムはもしかしたら大化けする可能性もあるかも?という期待を込めて、この日のライブには120点あげたい気分です。なお、上記映像のように、ライブ中はトイレットペーパーが飛び交っておりました。

いやーやっぱり、アメリカの音楽の層は厚いねー。

こういうアメリカの兄ちゃん達が、普通に人気を獲得してるのも痛快だし、音盤からだけでなく彼らの生の姿・音を見聴きして、益々全盛期のThe Matsはこうだったのかもなー、なんて事を思いました。

それこそリプレイスメンツの“Hootenanny”とか“Let It Be”〜“Tim”の頃の音ともリンクするんでは、と。Timから“Kiss Me On The Bus”の映像を。

posted by haro at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとDaniel Johnston、悪天候で中止ですか!?
うーむ、それはなかなか珍しいというか、ついてないというか・・・何とも残念。

でもBlack Lipsは凄かったみたいですね。
しまった!行っとくべきだったと大後悔。
サマソニに来ないかな・・・何となくまた来そうな予感がなきにしもあらず。
Posted by コハゲ at 2010年02月13日 23:58
コハゲさん、毎度コメントありがとうございます!

そうなんですよ。
次にダニエル来んのいつやねん、て言う…
もうアメリカまで行ってもうたほうが、早いんかなー。

しかし!Black Lipsは良かったですよ。ホント。
京都公演は元々オールと告知されてたようで、夜中一時過ぎに始まったみたいです。Black Lipsだけが目当てやと、ちょっとキツイかなーって。

ある意味(個人的にはTommy Stinsonが見られるにしても)、G'N'Rのライブより大変です。
Posted by haro at 2010年02月14日 15:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140972810
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。