2009年07月06日

悲しいときー Travis Morrisonが音楽活動を辞める宣言をした時ー

思わず「古っ」な始まり方をしたくなるくらいに、まさに悲しい瞬間がやってきた。

いつもここから”は過去に一回だけネタにしたことがあるけれど、そんなことではなくて、元Dismemberment PlanのVo.Travis Morrisonが、音楽活動の休止を発表した。

travismorrison.jpg一昨年のソロ2作目で、久しぶりのバンド形態へ復帰して“Travis Morrison Hellfighters”としてのアルバムを発表。これからって時だったのに…

ただしFacebookでの交流は行っていくとのことなので、気が向いたらまた音楽の世界にも戻ってきてはくれないかなぁ、と。

一時はくるり一押しのバンドとしても来日して、“百鬼夜行ツアー”にも同行したDismemberment Plan(日本盤はくるり初期作品のリリースでも有名なBad News Records)だったし、Eddie Vedderのお気に入りとしてPearl Jamのライブの前座としても起用された彼ら。

そんなバンドの顔が作った、まさに(現時点での)ラスト作になった“All Y' All”は、これから隠居生活を送ろうかという人間が作った作品とは思えないくらいの生命力に溢れていて、今聴くと却ってグッと来る。

ホントに惜しい。是非帰ってきて欲しいと思う。
posted by haro at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

Dirty Projectorsもリャマを

Dirty Projectors "Stillness Is The Move"

リャマも出演

the Carleton Singing Knights "Cannibal Resource"(Dirty Projectors Cover)


Dirty Projectors "Cannibal Resource"(Original)


Dirty Projectorsは新作"Bitte Orca"が早くも2009年のベストじゃないかと囁かれているし、実際アルバムはかなり面白い。

Dirty Projectors MySpace

Carleton Singing Knightsはミネソタの名門大学Carleton Collegeの学生アカペラグループ。

何よりも選曲が、ナイスチョイス。

彼らのMySpaceでは、Daft Punk(Harder Better Faster Stronger)・Death Cab For Cutie(Soul Meets Body)・Gorillaz(Feel Good Inc.)・Grizzly Bear(Knife)のアカペラカバーバージョンも公開中。

Carleton Singing Knights MySpace
posted by haro at 06:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。