2012年10月07日

リプレイスメンツ再始動

The Replacementsが再結成される。
THE-REPLACEMENTS.jpg

腹の中心部がウズウズしてしまうのは、気のせいじゃない。だから久しぶりに(記憶の旅も含めて)書いてみようと思った。

(過去にも時々起こっていたように)オリジナルメンバーであるPaul WesterbergのアルバムやライブにベースのTommy Stinsonが参加した、と云う話ではない。

堂々とリプレイスメンツを名乗っての活動開始(同じくオリジナルメンバーのChris Marsは、Open Season”用お披露目ライブ時と同じく今回も不参加)。

今回はベスト盤のための再結成ではないけれども、元メンバー・Slim Dunlapの病気治療のためのチャリティーEP制作がきっかけとのこと。

ポール・ウェスタバーグのサイトでニュース記事が頻繁に更新されなくなって(この際、自分のことは棚上げさせてもらっておくと)、このブログ内でも彼のこと/彼のバンドのことは中々、話の中心に持って来づらくなっていった。

グレン・キャンベルとのコラボレーションのことを書いた(いや触れただけ、か)のが、一昨年の8月だから2年近くもこのブログ内ではポールに近づけてなかったことになる。さらに言うならThe Matsについてのみのポストをするのは2010年1月以来なので、2年10ヶ月以上も記事を書いてないことになる…

ブログは書いてなかったけれども、何かとリプレイスメンツのことは気になっている方だとは思う。が、それにしてもご無沙汰過ぎるな。

世間的にポール・ウェスタバーグとそのバンドのことについて、一体どのくらい関心を持っている人がいるんだろう…と疑問を持たざるを得ないくらいに、音楽誌の紙面・Web上のニュースでもその名前を見かけることが少なかった。

微かにこの件(再結成)についての前触れを感じることが出来たとすれば、今年頭にアルバムを出したKindnessによるThe Replacementsのカバー“Swingin' Party”が、久しぶりにリプレイスメンツという言葉を前線に押し出してくれたような点だろうか。


ただしこれとても初出は2009年のカバーで、そのカバーを含む新人アーティストのアルバムが出たことだけで、ルーツとなったバンドの関連特集が組まれるなんて機会が出来る訳でもない。

そういえば、今年の5月頃に“来年のコーチェラフェスリプレイスメンツが出演する”、なんて噂が流れたこともあった。

2009年の終わり頃にも、“2010年に再結成して欲しい10バンド”としてSpinnerリプレイスメンツの名前を挙げたこともあった。

しかし2008年にはポール自ら再結成を否定していたこともあって、どれも噂レベルでしかない、と捉えられても仕方の無いことだと思っていた。

2006年にベスト盤を出した際、オリジナルメンバーの3人が集結(クリスはコーラスだけだったけれども)していたこともあって、ファンとして2012年のこのタイミングまで待たねばならなかったのは、焦らしすぎだと歯噛みするやら、やっと実現したんだとホッとするやら。

ま、再結成なんて絶対ない、と思われていたストーンローゼズなんて16年ぶり(レニが脱退した1995年からだと17年ぶり)にライブやった訳なので、何が起こるかは神のみぞ知る世界かとは思う訳だが。

今年は4月のMorrisseyライブをきっかけにして、BoredomsThe CribsFuji Rock FestivalSummer Sonic、ここのところ毎年の京都音楽博覧会、今月終わりのPaul Weller、来月のくるり単独ライブ、と気付くとひと月に一回は必ずライブに出かけるようになっている。それだけ今年の音楽が芳醇なのだと、独りごちてみる(もちろん業界的にそう言う捉え方をするのは、難しいことは踏まえた上で)。

震災後の世界は悲しみに満ちてはいるけれども、それ以上に希望の音が生み出されている(そこに敏感であればあるほど)。

上記のライブの中でも、“Swingin' Party”をカバーしたKindness(当然ライブでもガッツリ披露)やリプレイスメンツLet It Be”をフェイバリットに挙げるBillie Joe率いるGreen Day、ポールと同じくドラマーJosh Freeseこんな所にジョシュの名前が…)を起用したレコーディングを行なった吉井和哉など、何かとポール(リプレイスメンツ関連)との縁も近い連中が揃っていたサマソニは、一人心の中で「妄想リプレイスメンツトリビュート」祭りが進行していた。

とは言え、きゃりーぱみゅぱみゅPerfume(当然ゲリラ豪雨も)をこの眼にしっかりと焼き付けることも忘れずに、ではあったけれども。

上記は余談だが、それにしても、この妄想トリビュートがそのまま再結成にまで繋がってくれていると思うと本当に感無量である。

願わくば、ずっと行われていない来日公演を、何が何でも実現させてもらいたい(と思うのは、私自身だけでは無いはずだと思いたい)。

それこそ再結成組を多く来日させてきたサマソニでその勇姿を拝むことができれば、きっとリプレイスメンツの何たるかが自分の中でさらに納得に行く形で落とし込まれるに違いないし、直にその凄みがこの日本に広がるに違いないと願って止まない。
posted by haro at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | The Mats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

音楽の祭典

気付いたら5ヶ月が経ってます。

そもそものBlogへの気遣いもへったくれもない状態で、何を今更ですが。

が、しかし!

今年の音楽業界の動向は、めっさ熱い!熱すぎる!!

いや、去年も一昨年もIndie系は熱かったと思う。
実際、名盤もぎょーさんあったし。

でもどうしても、シンプル・ソフト・サイケ・ダルな感じがウケがちな気もして...
いや、それはそれで良いのだけれども。

そーいや、Spinの2010年のベストは、バランス取れてて良いチョイスだった。
(それでも大方の予想を裏切るものではないけれど...)

やっぱり、ガツン!!!と来るのを待ってたのも事実。今年はガッツンガッツン来そうで嬉しい。

昨年出たので一番好きなのも、年末ギリギリに出て、久しぶりにロックモードだったRyan Adamsの作品だったりした私は、今年の流れを大変歓迎してます。

なので、これまた久しぶりにサマソニ参戦しようかと思います。

誰か聞いてくれーー、心の叫び。やっぱりつぶやいた方が早いか。

RadioheadFoo FightersRed Hot Chili PeppersThe StrokesSoundgardenに...

列挙していきゃキリがないくらいに、新譜は目白押し。

一方でフェスは、WilcoFujiに!
再始動/Jon Spencer Blues Explosion!!(泣)がサマソニに!!!!

JonSpencerBluesExplosion_Live_S.jpg


もう、何をか況や。です。

ジョンスペなんて、因縁のサマソニだからなー
ホント、涙でステージが霞むんじゃなかろうか...
posted by haro at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

ミュージカルオープンな秋

Travis Morrisonと彼のHellfightersのアルバムを聴きながら、これを書いてます。

彼が率いたDismemberment Planが再結成されると聞いて、小躍りして。

全然関係ないけど、もしかしてZeppelinも再結成か?とか。


ここのところ秋の風に誘われるように、食欲も音欲も旺盛になってて、9月から今月にかけてはCDもライブも前のめり気味です。

Fujiもサマソニも行かなかったけれども、9月にはくるり主催の京都音楽博覧会 ― “音博”に出かけ、先日の3日は“渚音楽祭”にも出かけ、今週末は知り合いのライブにも行く予定。

まぁ趣旨もメンツも全く共通項ないんですけど。


かなーり遅ればせのレポながら、京都音博は終始くるりの二人による音楽観が溢れていて、ひたすら素晴らしかった。

去年もそうだったけれど(石川さゆりから矢野顕子まで)、出てる面子がバラバラもいいところ。

それが却って、音博を音博たらしめてるところかと(詳細はRokin' On/兵庫さんのブログにて)。

まさかエンケンVenturesのライブを同列で見ることになるとは思わなかったし(どちらも初見)、くるりが今まで関わってきたミュージシャンを考えるとえらい所までたどり着いたなぁって。

冒頭のDismemberment PlanやJason FalknerなんかのUS Indie勢もそうだし(今年はJim O'Rourkeだったし!てか半分日本人だな、彼)、小田和正ユーミンなんかのいわゆる大御所とも組み、奥田民生黒猫チェルシーとも絡み、Coccoカエラ土岐麻子SalyuLeyonaガッキーまでも飲み込んでしまうし、向井秀徳いしわたり淳治とも同士でやってきた。

“東京”ではまってから、こんなところまで来るとは思いもしませんでした。

そこからしばらくはずっと“くるり”漬けでした、おかげさまで。

あ、それからこれで三回目となる二階堂和美和尚との対面は、本日が一番メーターが振り切れてる感じでした(ご本人の演奏中のみならず、ベンチャーズのプレイ中もずっとバックで飛び跳ねてた)。

この曲もやった↓けれども、このテンションの3倍増しくらいだった。


でもまぁ、一番の見所はやっぱりくるり・ザ・セッションだったかな。

久しぶりに見る“もっくん”との三人だけでの演奏。一発目の“東京”は…やっぱり解ってはいても、心の奥をグッと掴まれるものがありました。

そして新曲群の引き締まったライブ感は、圧巻。“目玉のおやじ”よかったねぇ。

閑話休題。そして、事前に判ってたとはいえ・・・渚音楽祭は土砂降りだったので、出かける前の時点で心が折れそうでしたが、着いた頃がちょうど良い頃合で。

ooioo_in_rain.jpg


OOIOOのライブ中には見事に晴れわたり、“Rainbow Bar”と書かれたテントの真上に、まさに“虹”がかかるという奇跡が起きました。

Rainbow

グシャグシャになりながらも、食事と踊りで体を奮い立たせていると、これぞフェス!という醍醐味を全身で感じました。

ヨシミちゃんバンドの後は、同じくボアダムズEY∃ちゃんのDJプレイから、最後はSystem 7で締め。

System7


すでに40年近いミュージカルキャリアをお持ちのSteveさん、さすがの貫禄っぷりを見せ付けてくれました。

posted by haro at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

Twitter追加しました

ウダウダやってても仕方ねー。

ということで、グータラな感じの我がブログに(今更ながら…)Twitter追加しました。

Retweet、あればよろしくです。


それよか、最近の洋楽ニュースはベテラン勢と若手の交流が激しく行われてて、エー感じですね。

Edwyn CollinsThe CribsThe Drums
Ronnie WoodFleaSlash
Bryan FerryJohnny GreenwoodManiScissor Sisters
Manic Street PreachersJohn CaleDuff McKagan
The PosiesBroken Social SceneStranglers
◎我らがPaul WesterbergGlen Campbell
WeezerRyan Adams(って、これは同世代か)
etc...

Twitterでもつぶやいてますけど、Pete YornFranc Blackてのも。

まぁ、それぞれの世代から見た先輩と後輩なんで、若手の定義に若干無理があるコラボもありますが…

あー、それとThe KillersBrandonのソロもかなり期待してます(こちらはプロデューサー陣が豪華!)。

何か今頃になってThe Killersにハマっとりなう

あと、何気に1stが好きだったMark Ronsonの新作も気になる。

チープな音と馬鹿げたPVが良いです。前作もそうでしたが、こっちもコラボが面白い

posted by haro at 00:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

梅雨の晴間に

気付くと三ヶ月余りが経過してたりして、世の中はtwitterとustream, iPadとiPhone4の話題で持ちきりだったり。

そりゃ、音楽が脇役に成りつつあるのは仕様がないな、と思ったり‥ 実際、これもiPhoneで作成中。

でもそんな世間の流れとは関係無く、個人的に音楽の聞き方は益々前時代的に成りつつあります。

FMでラジオを聴いて(radikoじゃなく)、普段耳にしなかったジャンル漁りに久々にハマってます、

いやぁ、何かこういうのも良いな、と。

洋楽も邦楽も新旧問わずに流れるし、適度にしゃべりが入るのも却ってイイ感じです。

また都度、報告で。と、言うかtwitterが良いのかもな、と思ったり。
posted by haro at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

Ok Go "This Too Shall Pass" PV

あいかわらず冴えてるなー


ピタゴラをより大掛かりにした、衝撃のからくり装置。

元々はルーブ・ゴールドバーグ・マシンと呼ぶそう。

しかし、素直に感動するな。

衣装にベッタリ付着したペンキ具合から見ても、かなりのリハ。
最後の拍手は、心からのものだと感じられる。
タグ:OK Go NHK
posted by haro at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

So What about Rock Vol.2

前回は、あまりに大上段に構えたタイトルでした。で、変えました。が、あんまり変わらん気も。個人的体験の語りの中で、ふにゃふにゃとたどり着けたら幸い。

今年になってアメリカのMTVから“Music”のロゴが消えたって話もありましたが、洋楽を熱心に聴くようになった80年代後半、もう「プロモーションビデオでどうこう」というような時期は終わっていて、だからこそ海の向こうから送られてくる映像はここ日本じゃ限られてて、手軽に見られるDVDやYouTubeなんかが氾濫するこの時代までジレンマは続くわけで。

アメリカに限って言うなら、(当時は全く気にも留めてなかった)各地のインディーレーベルとか、(クロスビートで動きを知った)CMJ、なんかの地味で地道な影響はあったはず。この時期のメジャーの動きはMTVの衰退と共にかなり混沌としてて、迷走気味だったので。

Hip Hop、R&Bやエレクトロなチャートはチャートで、時代を反映してるんだなーとは思うものの、ランキングを気にするような聴き方しなくなったので、偉そうなことも言えないか。

ロック一辺倒でも刺激はないけど、当時はそれこそR&B(ブラックコンテンポラリー略してブラコンなんて呼ばれてた)やHip Hop(New Jack SwingとかJoJo元ネタVanilla Iceとか)はもちろん、George MichaelBilly Joelなんかの50年代から続いてる伝統的なポップや、“いかにも”な80’s勢(PWLものとか、もうこれは幅広すぎ)をはじめ、それこそ後にTravelling Wilburiesを結成するGeorge HarrisonRoy OrbisonTom Petty(今でもかなり好き)やDionくらいのベテラン勢とか、以下挙げるようなギターバンド然とした人たちも目立ってた。

ハードロック・LAメタル(Guns'n'RosesPoisonMotley Crue etc…)の面々、UKから上陸した面々、インディーから勝ちあがってきた面々、みんなごちゃ混ぜで見事なガンボ状態が気持ち良かった。

AC/DC(“Thunderstruck”、“Money Talks”)やDef Leppard(“Love Bites”、“Pour Some Sugar On Me”)、The Cure(“Just Like Heaven”)やex-BauhausLove And Rockets(“So Alive”)なんて顔ぶれもトップ40に食い込んだり、Cheap Trickや今は無きFine Young Cannibalsの曲が全米一位になったり、チャートに顔を出すのもINXSR.E.M.Ozzy Osbourne。と書いてきてロックって多様だな、と。そう考えたら、昨年もアルバム一位を取ったりして未だ健在なBon Jovi

ちょっと思い入れがあるCheap Trickについて語るならば、他人のペンによる作品とは言え、バラード“The Flame(永遠の愛の炎)”が全米一位になったので、この頃は完全にトップバンド。Vo.のRobinがソロでバラード(日本ではF1曲として有名な“In This Country”とかHeartAnn Wilsonとのデュエットとか)シンガーしたりしたのもこの前後で、そんな中にありながら、彼ら本来の色を見せたのがElvis Presleyのカバー“Don’t Be Cruel”。アルバム“Lap Of Luxually”からのシングル第2弾、とぼけた味の曲調とPVは今でも味わい深い。


でも、The Flameは最近のライブじゃ演ってないだろうねー(少なくともサマソニで見た彼らは演らなかった)。まぁ今となっては、Cheap Trickの全米制覇に立ち会えたのは奇跡的な時期で、おかげで未だに気にかかるのかも、とは思う。

洋楽雑誌を熱心に読みふけるようになったこの時期、Rockin' OnThe Stone Rosesを大プッシュ中。その後、Madchesterと呼ばれるマンチェものが流行り始めるも、このときの自分にはピンと来ず。個人的にマンチェものは、ローゼズよりもThe Charlatansで。

そーいや、彼らの1stアルバム“Some Friendly”が2枚組み20周年記念盤化。マンチェの末っ子が、すでに20年以上の活動歴を誇るようになったのもすごい。もう他にいないしなー。

Stone Rosesについては、後の“Elephant Stone”の日本編集EPがお初だったせいで、完全後追いでした。でも、曲のクオリティには打ちのめされました。特に“Fools Gold”に。


その代わりと言っちゃなんだが直感的にフォローしたのは、同時期にプッシュされてた他ならぬThe Replacements。ここが出発点となって、今に至るわけで。

続きは3回目へ。
posted by haro at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ロックとは何ぞや:その1

ふと、ロックと正面切って相対するようになったのは、いつの頃だったろうか、と。

親に「いつからあんたそんなに音楽好きになったんや?」と訊かれるようになってからでも、かなりの年月が経つ気がします。

ロックの恩恵を全身に浴びた気になっているのに、まだ止められないんですが。まぁ病気の一種です。

それこそ幼少期の80'S全盛の頃は、意識をしなくても洋楽が一番カッコいいものだと巷が騒いでましたし、そんな時代でした。

CMでは曲だけでなくアーティスト自身が出演&日本の商品を宣伝し、ベストヒットUSAやSony Music TVなんかの地上波の洋楽番組があり、誰もが洋楽のアーティストの名前の一つや二つは言えたと思います。

そんなナツカシ系CMから、おいくつか。

Madness / City(ホンダ)


Curiosity Killed The Cat / UD-T(マクセル)


Bryan Ferry / Super HG & Super AG(富士フィルム)


Sting / Kirin Can Beer(キリンビール)


Duran Duran / Suntory Whiskey Q(サントリー)

とまあ、自動車から飲料メーカーまで色んなところで目にしてました。

最後のDuran Duranが一番有名かなぁ。90年代には「リンゴ・すったー」なんてのもありました…。

他にもマドンナやシーナ・イーストンやシンディ・ローパーやスティーヴィー・ワンダー…と、当時ポップスター?と呼ばれた方々もいましたが、今回はバンドおよび元バンド系(しかもUKの面々)だけ紹介。

ただしその当時はCMで目にすることはあっても、熱狂的な洋楽リスナーではなかったので、ロックを意識することになるのはもっともっと後でした。

続きは次回で。
posted by haro at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

Black Lips ライブ @ 名古屋 タイト・ロープ

いやー久しぶりのライブは、まさに“スッキリ”な感覚でした。
行って来ましたBlack Lipsのライブ!

というのも、ココのところライブ自体遠ざかってしまってた事もあるものの…… 月曜日のDaniel Johnston @ 心斎橋 クラブ・クワトロの悪夢!!

悪天候の為に飛行機&本人着かん、ってどうゆうこっちゃー、と。この日をどれほど待ったことか(トホホ)。

クワトロのある心斎橋パルコの前にきて、呆然と立ち尽くす人多数…

横目で眺めながらも、人のこと心配してる余裕なんてない。この為に会社休んだ俺はどうなる....ってどうにもならん。

振替公演が水曜日、って絶対行かれへん = “払い戻し”の選択肢しか残ってなかったわけで。

次の日の東京公演が調子良かったっぽいので、さらに悔しさ倍増!!!


と思っていたところ、Black Lipsの「これぞ、まさにライブ」なノリのお陰でかなり救われました。

ホント、アメリカの悪ガキどもが、ガレージから飛び出してきたかの如きライブ。

とは言え、演奏はかなりしっかりしている感はあって、正確なビートを刻むドラム・Joe Bradleyは中々やるな、と。

4人のメンバー全員がボーカルを取って(と言うかガナリ気味ではあるものの)、しかもメインボーカル・Jared Swilleyポール・マッカートニーが如きバイオリンベースをブイブイ弾きまくり、叫びまくる。バイオリンベース独特のデッドな音色は微塵も無く、ひたすらパワフルな音を聴かせてくれました。

演奏してる彼らが楽しんでる様子が、ビシバシと伝わってくるような波動。

ライブ中、一番盛り上がったのは、やはり映画『(500)日のサマー』サウンドトラック曲“Bad Kids”だったかなーと(サントラはコチラで試聴可)。



BlackLipsLivePhoto.jpg

<かなりピンボケてますが、クラウドサーフ中のVo.Jared@ タイトロープ>

ブレイク前のバンドが持つ熱量の高さを感じさせてくれて、非常ーに気持ちの良いライブでした。今年完成する、と噂されるアルバムはもしかしたら大化けする可能性もあるかも?という期待を込めて、この日のライブには120点あげたい気分です。なお、上記映像のように、ライブ中はトイレットペーパーが飛び交っておりました。

いやーやっぱり、アメリカの音楽の層は厚いねー。

こういうアメリカの兄ちゃん達が、普通に人気を獲得してるのも痛快だし、音盤からだけでなく彼らの生の姿・音を見聴きして、益々全盛期のThe Matsはこうだったのかもなー、なんて事を思いました。

それこそリプレイスメンツの“Hootenanny”とか“Let It Be”〜“Tim”の頃の音ともリンクするんでは、と。Timから“Kiss Me On The Bus”の映像を。

posted by haro at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

Cap'n JazzとMedications

先日、名古屋のインディーレーベル“Stiff Slack”さんのブログを見ていたときに「あっ、ヤバイ」と思ったのでアップします。

Stiff Slackさんには、31Knotsのアルバムなどで毎度お世話になっていますが、今回は直接関係ありません。

以下の件、完全ノーマークだったので、ヤバイと思ったまで。

Cap'n Jazzが再結成!!!???

Stiffさんのブログには詳細書いてないのですが、既にあちこちで話題にはなってるみたいです。

てか、何で誰も知らせてくれなかったんだぁぁあ、って誰が知らせてくれるのでしょうか。

Bad Newsくるり楽曲管理レーベル&彼ら主宰のNoise McCartney配給元ですね)のスタッフさんのブログでも触れられていて、調べた中では一番高音質なYouTube映像が貼られていたので、そのままこちらでも紹介させて(パクらせて)もらっちゃいます。失礼。


なお、簡単に彼らのことを紹介するならば、今やChicago勢の中でもTortoiseと同じく重鎮級扱いのJoan Of Arcの前身。

そしてEngine Downと並んで、我が青春のエモ・The Promise Ringの前身。

Steve Albini録音でも有名なOwlsMake Believeの前身。

他にもMaritimeや1月来日してたOwenなんかの出発点です。

上記、YouTube映像では“Oh Messy Life”が途中で途切れてしまうので、彼らが若かりし頃の“Oh Messy Life”映像('94年)につなげたいと思います。


Cap'n Jazz MySpace


そして、もう一組再結成ということで紹介すると…

Devin Ocampo
率いるMedicationsの新作を

CompletelyRemoved.jpg

FugaziIan MacKayse先生主催レーベルDischord所属で、筋金入りのUS Indieバンドです。

知ってる人なら「何で彼らが再結成なんだ?」てなことなんですが、こちらも前身バンドであるFaraquetが再結成しかかってたと聞いていたので、「あれ?すんなりMedications再開しちゃうの?」という個人的意外性の故に“再結成”って言葉に載っけることにしました。

"Completely Removed" Track List
(4月20日発売予定)

01. For WMF
02. Long Day
03. Seasons
04. We Could Be Others
05. Rising To Sleep
06. Brasil ‘07
07. Kilometers And Smiles
08. Country Air
09. Home Is Where We Are
10. Postcards
11. Tame On The Prowl

Medications MySpace
Faraquet MySpace

新譜、楽しみじゃー。
posted by haro at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。